(048) 711-3951

環境先進国ドイツ

ドイツでは、電力事業者に対して再生可能エネルギーの買上げを義務付けした『再生可能エネルギー法』が2000年4月に施行されました。ドイツ政府は、2020年までに再生可能エネルギーが総電力消費量に占める割合を20%以上に引き上げ、CO2の排出量を40%削減することを目標に掲げています。

『・・・ドイツでは、太陽光や風力などの電力を優遇価格で買い取るよう電力会社に義務づけているが、2004年8月から太陽光の価格を大幅に引き上げた。その結果、住宅用のほか、サッカー場などの広い屋根に設置したり、鉱山跡などにメガソーラーと呼ばれる1千キロワット級の大規模発電所の建設が進んだりしており・・・』(朝日新聞 2005年7月9日 夕刊)

ドイツの政策、電力買取の仕組み、今後の見通しについてご説明いたします。

* 参考環境先進国ドイツ(改訂版)」/大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館 在日ドイツ商工会議所刊行

  1. ドイツの再生可能エネルギー国家政策
  2. アーヘンモデル
  3. ドイツの電力買取の仕組み
  4. ドイツの自然エネルギー普及の推移
  5. ドイツにおける自然エネルギーの将来展望